女性の髪を増やす

薄毛に悩む女性にとって、髪の毛を増やすことは大きな関心事ですね。

今回は、女性の髪の毛を増やす方法について、本格的なものから手軽に出来るものまで、5つの方法をご紹介します。

本格的に行うなら増毛・植毛

近頃では、女性が行う増毛や植毛も増えてきました。

増毛

増毛方法には幾つか種類がありますが、代表的なもので女性に人気なのは「結毛法」という増毛法です。

これは自分の髪の毛1本に対して、人口毛を2本~6本ほど結び付けて、毛量を増やすというものです。

メリットは自然に見えること

自分の好きな場所をピンポイントで増やすことが可能で、施術には痛みもなく、ふんわりと自然なボリューム感が出て若々しく見えるというメリットがあります。

デメリットは地毛への負担

しかし自毛に直接人口毛を結びつけるため、自毛に負担がかかり、自毛が抜け落ちてしまう可能性もあるという点がデメリットです。

植毛

植毛は後頭部等の頭皮を毛根ごとメスや専用機器でカットし、植毛したい部分に埋め込む方法です。

自分の髪の毛が使えるから自然に増やせるのがメリット

自身の髪の毛を用いるため見た目の違和感もなく、増毛効果が非常に高く、髪が定着すればパーマやカラーを行うことも可能です。

デメリットは傷跡が残る可能性と高額な費用

しかし、頭皮をメスでカットする場合には、痛みがあり傷あとが残る可能性もあります。植毛は医療行為なので、費用が高額という点もデメリットです。

女性専門クリニックでは内服薬もある

近頃では、女性専用の薄毛治療クリニックも多く存在しています。

そして、それらのクリニックでは発毛・育毛に効果のある内服薬を処方してくれます。

代表的なお薬としてはドイツの「パントガール」というものが有名ですが、これは女性の薄毛の原因に合ったものなので、抜け毛を予防し発毛・増毛する効果が世界的に認められています。

メリットは簡単で増毛効果が高いこと

内服薬であれば飲むだけなので非常に簡単ですし、しっかりとした増毛効果が期待出来ます。

副作用の報告も現時点では確認されておらず、安全面においても安心して使用出来るものです。

デメリットは比較的高額な費用

しかし、費用が毎月1万円以上かかってしまうことと、継続して飲み続けなければ効果が持続しないため、お金がかかってしまうという点がデメリットと言えるでしょう。

手軽なものであれば、頭皮環境の改善とシャンプーや育毛剤にこだわる

上に挙げた方法は、どれも本格的で確実な増毛効果が望めるものではありますが、どうしても費用や危険が伴うデメリットがあります。

自宅で手軽に費用を抑えて行うのであれば、頭皮環境の改善と、シャンプーや育毛剤にこだわることも考えてみましょう。

食生活・運動・紫外線対策

頭皮環境の改善で重要なのは、食生活・運動・紫外線対策です。

バランスの取れた食事で頭皮や髪の毛にしっかり栄養を与え、適度な運動で血行を改善して頭皮を健やかに保ちます。

日傘や帽子などで頭皮に降りかかる紫外線を防止することも、頭皮細胞の酸化防止や乾燥防止には重要です。

シャンプー

そして毎日使うシャンプーも、育毛シャンプーやアミノ酸系シャンプーがオススメです。

市販のシャンプーには「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」といった石油系界面活性剤が含まれており、頭皮へ強い刺激を与えます。

髪の毛に優しく、保湿や血行促進に役立つシャンプーを日常的に使うことで、頭皮や髪の毛をいたわり優しく洗い上げることが出来ます。

そしてシャンプー後には、育毛剤で外側から頭皮や髪の毛に栄養を与えてあげることも、薄毛予防には非常に効果的です。

自分に合った増毛方法を試そう

女性の髪の毛を増やす方法について、本格的なものから、自宅で出来る簡単なものまでご紹介してみました。

まずは手軽でお金のかからない方法を実践し、それでも満足いく結果が得られないようであれば、本格的な増毛や植毛を考えても良いかもしれませんね。

Sponsered Link