髪に良い生活習慣

人間の生活習慣には、人それぞれ様々なパターンがあります。

食事や睡眠に仕事といったことから、飲酒や喫煙まで、これら全てが生活習慣に当てはまりますが、この生活習慣は髪の毛にも大きな影響を及ぼします。

今回は女性の薄毛対策にとって良い生活について、詳しく解説したいと思います。

女性の薄毛の原因となる4つの悪習慣

毎日悪い生活習慣を繰り返すことによって、少しずつダメージや悪いものが蓄積され、薄毛にとっても悪影響になります。

髪の毛にとって悪影響を与えてしまう生活習慣について、まずはご紹介します。

1.乱れた食生活

食生活が乱れてしまうと栄養バランスが偏り、髪の毛はもちろん身体にも栄養がしっかりと行き渡りません。

髪の毛がパサついて艶がなくなり、細く弱弱しい毛になってしまうのです。

また脂質の多い食事は毛穴を詰まらせる原因にもなってしまいます。

2.睡眠不足

最近は夜遅くまで仕事をしている女性も多く、睡眠時間が短い人も増えています。

ですが睡眠不足に陥ると、身体には疲労が蓄積し、ストレスも溜まってしまいます。

そうすると髪の毛にもその影響が表れ、抜け毛の原因にもなるのです。

また睡眠中に分泌される成長ホルモンが正常に働かず、髪の毛の成長を妨げてしまうおそれもあります。

3.飲酒

過度な飲酒によって、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンという成分が増えてしまいます。

4.喫煙

また喫煙も、髪の毛にとって欠かせない栄養素であるビタミンを奪ってしまう原因になるのです。

適度な運動や生活習慣の改善を取り入れて薄毛予防

上で挙げたような悪い生活習慣を改善することは、薄毛だけではなく身体の健康にも良い影響を与えます。

1.たばこやお酒の量を減らす

喫煙をしている人は、少しずつ本数を減らしてみたり、思い切って禁煙にトライしてみましょう。

過度な飲酒も髪の毛に悪影響を及ぼしますので、量を減らして適度にお酒を楽しむことを心がけてみてください。

2.適度な休憩とストレッチ

仕事やお家でずっとパソコンやスマートフォンを触っている人も、肩が凝り、背中が猫背になることで血行が悪くなり、髪の毛に悪影響を与えます。

ずっと画面を眺めることによる眼精疲労も髪の毛には良くありませんので、ストレッチや休憩を取り入れて工夫してみましょう。

3.軽い運動を生活に取り入れる

またウォーキングやジョギングなど、軽い運動を生活に取り入れることで、血行が良くなりストレス発散にも役立ちます。

運動で得られる効果は、髪の毛にも良い影響を与えますので、髪の毛と身体のためにも運動は非常に大切です。

洗顔とシャンプーでも薄毛対策

女性は、毎日メイク落としや洗顔、シャンプーを行う人が多いはずです。

これらの生活習慣も髪の毛に大きな影響を与えます。

メイク時の注意点

おでこと髪の生え際ギリギリまでファンデーションを塗ると、そのメイクで毛穴が詰まってしまうことがあります。

メイク時には髪の毛の毛穴にも気を配り、洗顔時にもしっかりと生え際の根元を意識して念入りに洗うようにしましょう。

シャンプー時の注意点

シャンプーの際には、地肌を傷つけないように、優しくマッサージするようにして洗うと、頭皮がほぐれて血行も良くなります。

爪で地肌を傷つけないように、指の腹で優しく丁寧に洗髪することを心がけてみてください。

生活習慣の改善が美しい髪につながる

日常生活で何気なく行っている生活習慣でも、気付かない間に髪の毛に悪影響を与えていることが多いものです。

生活習慣の乱れは髪の毛のみならず、身体や美容にも悪影響となりますので、意識して改善することが美しい髪の毛に繋がるのです。

Sponsered Link