薄毛女性のシャンプー
毎日行うシャンプーだからこそ、薄毛対策のためにも、種類や方法には気を配りたいものです。

そこで今回は、薄毛で悩む女性の髪に効果的なシャンプーの種類や方法について、詳しくご紹介します。

1.間違ったシャンプー方法は頭皮に刺激を与え、薄毛の原因になる

毎日の生活習慣であるシャンプーは、間違った方法で行い続けると、薄毛のリスクを増加させてしまいます。

シャンプーは泡立ててから髪にのせる

まず、泡立てずに頭皮や髪に直接シャンプーを乗せて洗うことは絶対NGです。

シャンプー剤は強い洗浄力を持っているものが多く、そのまま泡立てずにつけることで、頭皮にとって強い刺激を与えてしまいます。

そしてそれを泡立てようと、強くこすったり、爪で頭皮を傷つけてしまうと、炎症の原因となり薄毛を悪化させてしまいます。

ですが、頭皮への刺激を気にするあまり、優しく洗い過ぎてしまうと、それもかえって汚れを落としきれないという結果を招きます。

頭皮の汚れをしっかり落とさないと、毛穴に皮脂が汚れが詰まってしまい、炎症や薄毛の原因となります。

すすぎはしっかりと

シャンプーとリンスのすすぎ残しも、逆に毛穴の汚れを増加させてしまいますので、充分すぎるほどしっかりとすすぐことも大切なのです。

2.シャンプーはしっかり泡立て、指でマッサージするように洗う

正しいシャンプーの方法をマスターすることで、健やかな頭皮を作り、薄毛の原因をなくすことが出来ます。

シャンプー前にブラッシング

まずシャンプーを行う前に、絡まった髪の毛をブラッシングで綺麗にほぐします。
こうすることで、絡まった毛が抜けることを防ぎ、余分なホコリなどの汚れを落とすことも出来ます。

シャンプーはしっかり泡立てる

シャンプーは掌でしっかりと泡立て、この時にお湯を加えることにより、シャンプーの刺激を薄めて弱くすることが出来ます。
泡立てたシャンプーをお湯洗いした地肌につけたら、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗い上げて下さい。
髪の毛同士をこすりあわせてしまうと、毛を傷める原因となってしまいますので、地肌を中心に優しくしっかりと頭をほぐすように洗いましょう。

熱過ぎないお湯でしっかり洗い流す

洗った後は、すすぎ残しのないように、熱すぎないお湯でしっかりと洗い流して下さい。

3.シャンプー選びは合成界面活性剤に注意

薄毛に悩む女性にとって、シャンプーの成分にも気を配ることが大切です。

スルホン酸・ラウリル硫酸・ラウレス硫酸入りのシャンプーはNG

市販のシャンプーには、合成界面活性剤という成分が多く含まれており、これらは非常に洗浄力が強く、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうことになります。
そうすると、頭皮は乾燥してしまううえに、足りなくなった皮脂を過剰分泌させますので、頭皮にベタつきが出てしまいます。
「スルホン酸」「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」と付く化学薬品が使われているシャンプーは、頭皮のためにも避けた方が良いでしょう。

アミノ酸系の育毛シャンプーがオススメ

近頃は女性向けの育毛シャンプーも数多く登場しており、優しい洗浄力で洗い上げ、頭皮を保湿し、栄養を与える成分が配合されているものが増えています。
またアミノ酸系の育毛シャンプーは、頭皮や髪の汚れを優しく落としながら、栄養を補うことが出来るためオススメです。

毎日するシャンプーだからこそ正しい方法で

毎日行うシャンプーだからこそ、洗い方や種類には気を配りたいものですね。
改めて自分のシャンプーの仕方や、使っているシャンプーの成分について、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

Sponsered Link